ホーム > エステ用語索引 > あ行のエステ用語一覧 > あくねきん【アクネ菌】

あくねきん

【アクネ菌】

人の皮膚の毛穴に生息する微生物「常在菌」のひとつで、皮膚の酸性度を調整し、弱酸性に保ち、他の病原菌の進入や繁殖を抑える働きをしている。また、ニキビの原因を作り出す。

アクネ菌と黒ニキビ

アクネ菌が作る脂肪酸が原因

アクネ菌は皮脂を栄養として増殖します。その時、毛穴の中で脂肪酸を作ります。脂肪酸は紫外線を浴びたり酸素に触れると酸化して黒ずみ、毛穴を塞ぐフタとなります。これが黒ニキビです。

アクネ菌と赤ニキビ

過剰な活性酸素が皮膚細胞を攻撃して…

アクネ菌は皮脂を栄養として増殖する時に、活性酸素を大量に排出する「ポリフィリン」と言う有機化合物を発生させます。活性酸素の仕事は細菌を殺すことなのですが、これが大量に発生すると、皮膚細胞まで攻撃してしまうのです。皮膚細胞がダメージを受けると、ニキビが悪化して炎症を起こしてしまい、赤ニキビになります。

アクネ菌対策

毛穴に皮脂を溜めないように!

アクネ菌が毛穴に溜まった皮脂を栄養に増殖することが、ニキビの原因になるので、毛穴に皮脂を溜めないようにしましょう。詳しいお手入れ方法は、ニキビの項目を参照してください。