ホーム > エステ用語索引 > は行のエステ用語一覧 > ひえしょう【冷え性】

ひえしょう

【冷え性】

冷え性とは、体、特に手足や腰、下半身などがいつも冷たい症状、またはその体質のことです。体の他の部分は冷えていないのに、ある特定の部分だけが冷たさを感じるというのも、冷え性の症状です。

種類

冷え性にも様々な種類があります

自律神経失調体質

冷え性に最も多いのがこの自律神経失調体質です。自律神経が乱れる事によって、交感神経が緊張して血管が収縮するので、血流が悪くなり冷えの原因になるのです。

ホルモンアンバランス体質

女性は生理、思春期、更年期など様々なタイミングでホルモンバランスが変わります。このホルモンの変化が血管のコントロールにも影響し、冷えの原因になるのです。体は冷えているのに、のぼせたような感じになるのもこの体質の特徴的な症状です。

低血圧体質

心臓が血液を送り出す力が弱い状態の低血圧では、手足の先まで血液が行き届かず冷が起こります。

貧血体質

貧血の場合、赤球菌の酸素を運ぶ力が弱くなり全身でエネルギーを生み出せなくなり冷えが起こります。貧血が原因の冷えは、手足だけでなく全身が冷えている状態になります。

低体温体質

一般の平熱より少し低めの低体温の場合、体内の酸素の働きが低下するため、さまざまな体内の代謝活動が低下します。そのため、さらに体温が低下してしまうという悪循環に陥ります。

冷えの原因

なぜ冷え性になるの?

冷えは血行不良からくるといわれています。ではなぜ血行不良が起こるのでしょうか?よくある主な原因を下記にご紹介します。

  • 自律神経の乱れ
  • 血液が汚れている
  • エネルギー不足
  • 貧血
  • 過度のストレス
  • 運動不足
  • 薄着・ミニスカートの着用が多い
  • 水分・栄養の摂り過ぎ
  • 過度のダイエット
  • タバコ
  • ハイヒール
  • 締めつける下着
  • お風呂をシャワーで済ませる
  • 偏った食事
  • 動脈硬化
  • 低血圧

冷えが原因の病気

冷えは万病の元といわれています

冷えは体の機能を低下させ、他の病気を引き起こす事もあります。冷えが原因で引き起こされる代表的な病気は下記のようなものです。

  • アレルギー性疾患
  • 膀胱炎
  • 慢性関節リウマチ
  • 自律神経失調症
  • 子宮内膜症、不妊症
  • 動脈硬化など・・・
  • 免疫力の低下
  • 痩せにくい、むくみやすい

美容との関係

冷えの影響を受けやすいのは顔

顔の皮膚はいつも外気に触れているので、冷えの影響を受けやすいところです。健康的な肌は、新しい皮膚に生まれ変わるターンオーバーが28周期で起こりますが、冷えの影響を受けるとこのサイクルが崩れ、様々な影響を与えます。冷えが原因で現れる不調は次の通りです。

乾燥とシワ

新陳代謝がうまくいかなくなり角質厚化すると、水分を十分にキープすることができません。乾燥が進むと肌は弾力を失い、ちりめんジワになってしまいます。

シミ・くすみ・ニキビ

28周期のターンオーバーがうまく機能しなくなると、メラニン色素が蓄積してシミとなったり、余分な角質が肌をくすませたりします。また、毛穴に皮脂がたまって炎症を起こし、ニキビになることもあります。

のぼせ・赤ら顔

いつも顔がのぼせて赤くなっているような人は、血液の循環が悪い証拠です。血液の流れがとどこおった毛細血管が、皮膚表面から透けて赤く見えるのが原因です。

むくみ

血行不良になると余分な水分がたまってむくみの原因になります。朝起きた時、まぶたやほほがはれぼったくなっていたら要注意です。

対策

体を冷やさないためにはどうしたらいいの?

体を冷やさないために、日頃から意識して対策をとってみましょう。

  • シャワーだけじゃなく、湯船にしっかり浸かって体を温める
  • ストレッチなど適切な運動をして血行を促進する
  • しっかり睡眠をとる
  • 冷房を出来るだけ控える
  • 靴下、腹巻、湯たんぽなどの体を温めるグッズを利用する
  • 根菜、イモ類、ねぎ、かぼちゃ、香辛料などの体を温める食べ物を食べる
  • よい姿勢を日頃から心がける
  • リラックスして気持ちを穏やかに保つ