ホーム > エステ用語索引 > か行のエステ用語一覧 > かくしつひこう【角質肥厚】

かくしつひこう

【角質肥厚】

角質肥厚とは、ターンオーバーのサイクルが遅くなることで古い角質が皮膚表面に蓄積され、厚みを増した状態のことを言います。

原因

主な原因は乾燥!

角質肥厚は、肌のターンオーバーが正常に働かなくなった時に起こります。その原因として考えられるのは、「乾燥」「紫外線」「摩擦」などによる刺激です。肌はこのような刺激にさらされた時、体を守ろうとするために防御反応が働き、角質を蓄積させるのです。

肌トラブル

角質肥厚になるとどんな肌トラブルを招くの?

ニキビ

角質層が厚くなると、硬い角質で毛穴がふさがり溝も深く大きくなり、皮脂が毛穴の中で溜まりやすい状態になってしまいます。雑菌が繁殖しやすい状況になりますので、ニキビの炎症がどんどん激しくなってしまいます。

シミ・ニキビ跡

角質肥厚によってターンオーバーが遅くなると、色素沈着を起こし外へ完全に排泄されづらくなるのでシミとなって残ってしまいます。

乾燥性敏感肌

角質肥厚になると、角質層に存在する天然保湿因子やセラミドなどが奪われ減少してしまうので、肌は乾燥しバリア機能も低下していきます。

アトピー

角質肥厚になると、肌本来のバリア機能が上手に働きませんので、肌はカサカサとなり雑菌の繁殖・炎症によりさらにアトピーの悪化を招きます。

対策

角質肥厚にならないためのスキンケアを

角質肥厚を起こしている肌は、肌表面が硬くなっているので水分が入っていきにくくなっています。まずは古い角質を取り除くことが必要です。普段のお手入れに酵素洗顔をプラスしましょう。酵素は角質のタンパク質を分解し、同時に肌をやわらかくする効果もあります。温度が低いと酵素の働きが発揮されないので、ぬるま湯でしっかり泡立ててから使いましょう。洗浄力があるのでこすらず優しく洗うように気をつけてください。その後しっかりと保湿をしましょう。そして、新陳代謝の活性化を促せるように生活習慣や食習慣の見直しを。また、紫外線は一年中降り注いでいますので、通年対策をとりましょう。